看護師求人を見て知った実際のところ

女性のイメージが強かった

女性のイメージが強かった | 勇気を出して面接を受けることにしました | 面接官はどんな人か

看護師というと今までは女性のイメージが強かったですが、近年は男性も増えていて求人も増加している印象です。
また医療現場における男女の割合も差が縮まっているようで、今後は性別に関係なく老若男女の仕事のイメージが定着しそうです。
気になるのは年収ですが、ここにはまだ性別による差があって、やはり男性の方が女性よりも少し多くもらえるようです 女性が中心の職業だったのに、男性の方が年収が多いのは気になるところですが、これは何も看護師や医療業界に限らない傾向でしょう。
それよりも経験やスキル、実績といった個人差の方が今後は年収に大きく影響するようになると予想しています。
待遇の良い求人にはレベルの高い資格の要件が増えて、比較的年収の低い仕事は基本的な資格だけでも採用されるイメージです。
いずれにしても、男性にも看護師の仕事のチャンスがあることが分かり、求人も増えていることは間違いないです。
勤続年数やキャリアに応じて年収は増加しますから、将来性があるといえばそうですし、その気があれば長く働くこともできるでしょう。
自分は現場を支える仕事に興味があったので、看護師の資格を取得して求人を探すことにしました。
活躍できる場は思いの外多く、特定の診療科に限定しなければ内科や外科にリハビリ科でも働けます。
内科は内科で神経内科や人工透析内科もありますし、一方の外科は整形外科や脳神経外科も含みます。

相手が困っている時、
どのくらい自分を犠牲にできる?🥺💗💭https://t.co/Gr50D17t0s
男性の皆さんにアンケートした集計結果を
ご紹介です!✨✨
相手が困っているときに、
どのくらいじい分を犠牲にできるのか
気になる結果をCHECKです!!🙆🏻‍♀️💞 pic.twitter.com/zHN88QAVfE

— 美容求人@大阪 (@kyujin_beauty) September 11, 2021